写メ日記 接客ノウハウ 風俗で働く

接客業向いてない人でもできる、嫌な客ストレスを無くす接客方法

こんにちは、風俗嬢あるみなちゃんです。

 

普段お仕事で接客をしていると「外で会おうよ」「LINE教えて」「本名なんていうの?」「なんでこの仕事してるの?」なんて言葉をかけられることも多いですよね。

 

お客さんは何とも思っていなくても、女の子からするととても不快なもの。

返答に困ってイライラしてストレスが溜まりますし、仕事に支障が出てしまいます。

 

そんなときでも、少しだけ接客方法を工夫するだけで、そんな嫌なお客さんを良客に変身させることができますよ。

 

 

お客様はあなたの鏡

人は他人に何かを与えられると、それを返したくなるものです。

これを「返報性の法則」といいます。

 

好きな気持ちを伝えれば、好きが返ってくるし(好意の返報性)

ネガティブな感情を見せると、ネガティブな感情が返ってきます。(敵意の返報性)

 

あなたは接客中に「あ〜だるいな、キモいし早く終わんないかな」って思ってませんか?

 

気持ちは分かりますが、そのあなたの気持ちはお客様に伝わっていますよ。

お客様を嫌だと思うほどに、お客様もあなたのことをよく思いません。

 

どんなお客様であっても「来てくれてありがとう、嬉しい」という気持ちを作り出しましょう。

嘘の笑顔でも、空元気でもやっているうちに習慣化してきます。

 

そうすると、どんな人でもあっても「良いところ」が何かしら見つかります。

 

「この人は寂しいから酷いこと言っちゃうのかな」「女の子に慣れてないのかな」などお客様の立場で想像して、イライラや不快な感情を一旦落ち着けてみましょう。

 

 

日記ではポジティブワードのみ書く

「ありがとう、嬉しい、楽しかった」といったポジティブな日記を書いていると、嫌な言葉をかけてくるようなお客様は減っていきます。

 

「風邪ひいた、性病になった、疲れた」と言ったネガティブワードはお客様が不安がってしまうので厳禁です。

 

「キャンセル出ました!空き枠あります!」も多用すると「この子はよくキャンセル出るみたいだし、別にキャンセルしても良いか」と考えさせてしまう原因になります。

弱音を吐きたいときはスタッフに吐くか、Twitterに呟いておきましょう。

 

丁寧な言葉遣いをする

タメ口や馴れ馴れしい言葉づかいをしていると、お客様も「ああ、この子にはこんな距離感でいいんだ」と勘違いされます。

 

初めましてのお客様にはもちろんですが、仲良しのお客様にも丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

 

お客様は年上の男性が多いと思いますし、敬語の方もタメ口の方のいると思うので「私なんかに敬語使わなくていいですよ〜!」なんて立ててあげれば喜びます。

普段は敬語で話す分、プレイ中や雰囲気によって少しくだけた話し方をするのもギャップが可愛いです。

 

何度も会えば好きになる

「何度も同じものを見たり聞いたりしていると、だんだんそれが好きになってくる」ことを単純接触効果といいます。

 

お客様はあなたに何度も会うほど、あなたのことが良く思えてきます。

初めましてで「この子苦手かも」と思われても、回数を重ねることができれば苦手→好きに変わってくるのです。

 

「そもそも、本指名で回数を重ねるのが難しいよ」と思う人もいると思います。

 

でも実は会わなくても接触する方法があります。

それは写メ日記とメッセージ、そしてTwitterなどのSNSの活用です。

 

初めましてのお客様なら、あらかじめメッセージでやりとりしているだけでもあなたに特別感を抱きますし、写メ日記を見ているお客様ならば何度もあなたの日記を読んでるうちに親近感が上がっています。

 

初めて会うはずのお客様が女の子のことをよく知っていて、好きになってくれている経験はないですか?

それはあなたが写メ日記を頻繁に更新していて、お客様に何度もそれを読んで接触しているからです。

 

芸能人も同じです。例えばタレントのAさんはあなたのことを知りませんが、あなたはAさんのことをテレビでよく見ていて知っている。その姿が好印象であれば会ったこともないのに親近感を抱きますよね。

 

この「単純接触効果」を効果的に使うには以下の3点が大切です。

  • 会う回数を増やす
  • 写メ日記で頻繁にアピールする
  • LINEやSNSでたまに連絡をとる

 

写メ日記をあまり更新しない女の子よりも、ホームページを見ればよく目にする女の子の方がお客様に知ってもらえているのは一目瞭然ですよね。

 

 

嫌なお客様も克服していけるかも

初対面のお客様の印象が最悪で「不潔!口くさい!嫌な言葉ばかりかけてくる!クソ客だ(泣)」となったとしましょう。

何度も会っていると相手に親近感を持ってしまうものです。

 

苦手なお客様も、回数を重ねて会っていると、ここは嫌だけど、ここは良いところだなと思えるものが出てきます。

 

仲良くなれるとプレイの嫌なところや体のこともふわっと伝えられますし、意外と太客になったりします。

最初のちょこっとの我慢で、自分のメンタルも楽になるならラッキーですよね。

 

もちろん何度会っても精神的、肉体的にしんどい場合はNGにして自分を守りましょうね。

 

初対面から印象が逆転した体験談

私も初対面で印象が悪かったのに、何度も会うと印象も良くなって太客になった例があります。

 

初めましてから2回目くらいまでは「60代のおじさんだし、ハゲて口がくさいし、変な差し入れしてくるし・・・」女の子を見定めるような物言いをされるので嫌だなあと思っていました。(失礼すぎ)

 

でも何度も会っているうちに、意外と趣味の話が面白かったり、昔に女性関係で傷ついたから臆病になったこと、色々聞くうちになるほどと納得してしまって、優しく接することができるようになりました。

 

プレイで痛いことも「もっとこっちの方が気持ちいいかな」と伝えたり、たまに口があんまり臭くない時があると「あれ?○○さん今日いい匂いがする!なんで?いっぱい歯磨きしてくれたの?紳士だね!嬉しい〜!」と喜んでいたらだんだん改善されました(笑)

 

 

お客様の言葉には裏の意味がある

暴言を吐かれても、不快な言葉を言われても、好きだと告白されても、お客様の言葉には裏の意味があります。

 

女性関係で悲しいことがあったからその腹いせに、とか。カッコつけて見栄をはっているだけだったり。

ホントは付き合いたい、本番したいだとか。

 

なので、いちいち相手の言葉に感情で振り回されても疲れます。

 

落ち着いて相手が言って欲しい言葉を先回りして伝えてあげると楽です。

 

LINEでも向かい合っての接客でも、相手の承認欲求を満たしてあげることが喜んでもらう第一歩です。

落ち着いて小悪魔を演じて、安定した稼ぎにつなげましょう☺️

 

 

-写メ日記, 接客ノウハウ, 風俗で働く
-, , ,

Copyright© 夜のオンナノコ♡元NO.1風俗嬢のエッチなブログ , 2023 All Rights Reserved.