恋愛 風俗で働く

【色恋営業から付き合う】風俗スタッフに管理されないための色恋営業の見分け方

みなさんは「色恋管理」という言葉を聞いたことがありますか?

「色管」(イロカン)「色恋」(イロコイ)などと呼ばれます。

 

風俗店のスタッフが女の子を褒めたりおだてたり、好きであるかのように振る舞い自分に惚れさせて、お店や自分のいいように利用されてしまうんです。

 

風俗業界ではこの「色恋管理」が蔓延しているとも言われています。

 

スタッフと風俗嬢は恋愛禁止で罰則もあるはずなのに、なぜ色管されてしまうのでしょう?

 

「あれ?これってもしかして色恋管理かも?」と思った時は、この記事でチェックしてみてくださいね。

 

色恋管理とはなにか?

「色恋管理」とは、風俗店のスタッフやスカウトマンが、キャストの女の子を自分に惚れさせてお店に都合のいいように働かせることです。

 

男性スタッフから恋愛感情があるようなそぶりをされたり、特定の女の子にだけ特別感があるように振る舞います。

 

スタッフと女の子が個人の連絡先を交換したり、個別でデートに行ったり、体の関係を持つこともあります。

 

 

女性キャストはそれが「自然な恋愛感情」だと思い込んで、お店やスタッフに尽くしてしまいます。

 

キャストの女の子がお店のスタッフに色恋管理されて、いいことは1つもありません。

 

色恋管理の目的

お店や男性スタッフが色恋管理をする1番の目的は「女の子に出勤してほしい」ことと「お店を急に辞める(飛ぶ)」ことの防止です。

 

女性キャストの惚れた弱みにつけこんで「人数が足りないから出勤してほしい」「辞めないでほしい」という風に仕向けます。

 

また、風俗店では男性スタッフはハーレム状態になるので、男性スタッフの私利私欲のために色恋管理されることもあります。

 

体の関係やお金に関わることまで色恋管理をされてしまうと「風俗で稼いで早く卒業する」という目標を忘れて食い尽くされてしまいます。

 

風俗嬢が色恋管理にハマる理由

風俗嬢であればスタッフのサポートはなくてはならないものです。

接客で多くのストレスがありますから、スタッフの優しい声かけや励ましは仕事の励みになりますよね。

 

相談に乗ってもらいたい時もありますが、それはあくまでそれは「仕事上」での話です。

 

慰めてもらったり、励ましてもらったり、褒めてモチベーションが上がることは大切ですが、お互いにWIN-WINの関係でいられる範囲内でお仕事しましょうね。

 

「そんなこと分かってるよ!」と思う人も多いです。でも、そんなに気をつけていてもハマってしまうんです。

 

風俗嬢がなぜ「色恋管理」にハマるのか説明します。

 

風俗のお仕事は誰にも頼れない

風俗のお仕事は周りに内緒でやっている人が多いですから、嫌なことや悩みがあっても周りに打ち明けられる人がいません。

そんな時にスタッフは唯一の理解者になってくれます。

 

○○がツラかった、痛かった、嫌だったんだ、と言えば優しく聞いてくれますし励ましてくれます。

風俗のお仕事の大変さはスタッフが1番分かっていますし、女の子の扱いにも慣れてます。

 

弱っている時の優しさ

風俗のお仕事は、普通のお仕事を違ってとても精神的にも肉体的にもストレスが多いです。

それが高給な理由でもあります。

 

気持ちが弱ってしまう、お客さんに嫌なことをされてしまった、そんな弱ってる時にスタッフは親身になって話を聞いてくれます。

 

お仕事として相談に乗ってもらう、話を聞いてもらうのならいいですが、過度にスタッフに頼りすぎるのは色恋管理の第一歩になってしまうこともあります。

 

ボディタッチ・褒められる

風俗店のスタッフは毎日何人もの女の子と話して、ご機嫌をとり、褒めてやる気を出させるのが仕事です。

 

どんな女の子にも「今日も○○ちゃん可愛いね!」なんて言うのはお手の物です。

 

男性に慣れてない女の子なら、イケメンで若いスタッフに「体は大丈夫だった?嫌なことされてない?」なんて心配されたらきっと気持ちが揺れますよね。

 

スタッフは女の子を褒めることも慰めることも仕事の内です。

嬉しくてもスタッフのことを好きになってしまわないように気をつけましょうね。

 

特別扱いしてくれる

お店にとって女の子は辞めて欲しくないですし、できるだけ長く在籍してほしいものです。

「○○ちゃんがいてくれないと困る」

「他の子より頑張ってくれてるからさ」

 

そうやってあまりにも特別感を出してくる男性スタッフは要注意かもしれません。

甘い言葉に騙されて「連絡先交換しとく?」「外で相談に乗ろうか?」なんて言葉に乗ってはダメですよ。

 

 

恋愛禁止という環境の罠

風俗店のほとんどが男性スタッフと女性キャストの恋愛禁止です。

もし付き合っていたり、特別な関係であることが分かれば、「風紀」と言って厳しい罰則や罰金があります。

 

優良店であれば、「風紀」(色恋管理が本気になること)が見つかれば男性スタッフと女性キャスト共に即クビです。

 

それなのになぜ色管が蔓延するのか?

それはこっそり付き合うことに優越感を感じてしまうからです。

 

風俗店では、女性キャスト同士で深く仲良くなることがあまり良しとされていません。

なぜかと言うと、これも飛び防止、引き抜き防止のためです。

 

ですので、仮にスタッフとキャストが付き合っていて隠されていても気づけないことが多いです。

 

色恋管理された時の対処方法

  • しつこく好意を向けてくるスタッフがいる
  • 連絡先を聞いてくる
  • ボディタッチがなんとなく多い

こんなスタッフが嫌なら「彼氏がいます」というのを伝えておくのもアリです。

恋愛対象がスタッフだけになってしまわないように、他に出会いを見つけておきましょう。

 

色恋管理が蔓延しているお店は、優良店とは言えません。

他にもいいお店はたくさんありますから、移籍するのもひとつの方法です。

 

 

色恋管理をしている店はいい店ではない

色恋管理をしているお店というのは、「色恋管理までしないと女の子が在籍してくれない店舗」ということです。

 

男性スタッフが女の子の連絡先を個人的に聞くなんて、つまり「仕事ができないんです」と言っているのと一緒です。

いい女の子が長く在籍してくれる優良店ならば、色恋管理なんてそもそもする必要がないからです。

 

あなたは「男性スタッフに色恋管理されてない」と言い切れますか?

 

せっかくお金を稼ぎに風俗で働いているのですから、お店やスタッフに利用されすぎて目的を忘れないように一緒にがんばりましょうね!

 

-恋愛, 風俗で働く
-, ,

Copyright© 夜のオンナノコ♡元NO.1風俗嬢のエッチなブログ , 2022 All Rights Reserved.